近所にあった!完治への道 | 保険がきかない針治療の値段

  • LINEで送る

「鍼灸医学」と「いぼ痔治療」は相性がいいことは分かった

しかし、
「どうやって、鍼灸医学をベースに日々の生活に取り入れていけばいいのか?」
ここが、(専門家ではないので)具体的に分からない

鍼灸については、仕事柄、多少勉強したことはあるが、ささやかな自分の知識から分かるのは、以下のことくらいだ

いぼ痔と下痢に効くツボ

わたしが教わった講師によれば、
「いぼ痔は”うっ血”が原因のひとつとなる事から『血液の循環』や『肝臓のはたらき』を改善し『消化機能を整える』(わたしは「下痢症」のため)
このことから、以下のツボを刺激する」
という。

  • 百会(ひゃくえ)ストレス緩和・血行を促進
    頭のてっぺんにあり、両耳と鼻の延長線が交わる場所
  • 孔最(こうさい)肛門まわりの血行を改善・過敏性腸症候群にも良い
    うでの手のひら側、おや指寄りで、ひじから1/3あたりの場所
  • 期門(きもん)ストレス緩和・肝臓の働きを良くする
    右胸の乳首から下に下ろした線と肋骨が交わる場所
  • 会陽(えよう)尾骨(びこつ)の左右に指幅1本分の場所
    肛門まわりの血行を改善
  • 長強(ちょうきょう)肛門まわりの血行を改善
    おしりの上にある尾骨先っぽの直下の場所
  • 肓兪(こうゆ)消化機能を整える(下痢)
    おへその左右、それぞれ指1本分外側の場所
  • 梁丘(りょうきゅう)腸の動きを正常に戻す(下痢)
    ひざのお皿外側から指3本分上

この程度の知識しかないが、しかし、ただ漠然とこれらを刺激していれば治るわけでもないだろう・・・・

う~ん。。。。

近所に救世主が!

悩んでても仕方がないので前回書いた「鍼灸師(はり治療)」の友人「Mさん」に相談してみた。
かつては同じ職場の同僚だった人だ。

事情を話すと、
「ぼくがやってあげてもいいけど、遠いよねー(笑)(Mさんは千葉で開業している)
都内なら●●さんの自宅のすぐ近くに、ウデの確かな先生が開業してますよ」

「えっ、ほんとうですか!!」

「確か、その先生自身が痔になって、いろいろ大変だったみたいですよ。だから痔の治療に力いれてるんじゃないですかね」

おお!!
鍼灸師の知り合いがいてよかった!なかなかこういう情報は得られないからなー

わたしは東京都の世田谷区という所に住んでいる
「Mさん」の言っていた先生は「経堂」という場所で鍼灸院を開業されている。

なんと、家から自転車で「5分」という近所だ。

行ってみたら、本当にあった。

治療院外観

ここだ!

こんなに近くにいたなんて!

なんとなく「道」が見えてきた!よし!

・・・・と、思ったが

お金がない

「手術なし、薬なし」で、いぼ痔を治すには、

  • 鍼灸医学を参考にした方が良い
  • 近所に痔の改善に積極的に取り組んでいる鍼灸師がいた

なんとかここまでは調べた。

しかし、そこに通って治すには問題があった。

「金額」である。

はっきり言ってしまえば「お金がない」

鍼灸院に通院して治すには「施術代」がかかりすぎる。

針治療は保険がきかないのだ。

鍼灸治療は、制度上、「保険証」が使えない。
つまり、保険がきかないので基本的に「実費」による施術となり1回あたりの施術料金が高額になってしまうのだ

東京での大まかな相場は(施術1回あたり)大体 ¥ 4,000~6,000 位である。

この鍼灸院も例外ではなく、
1回あたりの施術料金は、初診(1回目)で ¥ 8,300
2回目以降も、¥ 6,300 となっていた。

この金額が毎回かかるとなると・・・(-_-;)
1~2回で治るわけないし・・・(-_-;)

自分事ではあるが、子ども(中学生)の教育費もどんどん増えていく時期でもあり、さらに、一軒家を持つために「家族あげて”貯金”しなくてはいけない」という状況の中でこの出費はイタい・・・

というか、「出ない」

「そりゃ、お金持ちならどんな治療でも受けられるだろうけどさー」と、いじける(金持ちに対してひがみっぽいネガティブな僕)

しかし!

しばらく日が過ぎ、さらに調べていくと・・・明るい(?)ものが・・・

⇒ 目次へもどる

⇒ 日記のはじめはコチラ

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ