本当に痔の薬は効かないのか?こうして私はクスリをやめた

  • LINEで送る

4回目の診察で「手術」と言われて医師への不信感から
いぼ痔を「手術なし・薬なし」で治そう!と決意した
「自分で出来ることがまだまだあるはず」との思いが強くなったのだ

こうして私は痔の薬をやめた

「強力ポステリザン軟膏」は副作用が出て中止
「タカベンス錠25mg」は「効かないから」という理由で出してもらえなくなった

現在処方されている薬は「ボラザG坐剤」のみだ

「ボラザGは効かない」そんな噂も耳にするが、
そもそも痔の薬って本当に効いてるのだろうか?

医者は必ず
「いぼ痔を根治するには薬や生活改善では無理。手術するしかない」と言う

本当にそうなのだろうか?

前回、色々な疑問が見えてきた

  • 「手術決定までの期間が短過ぎないか?」
  • 「”もうかる”から手術をすすめているのではないか?」
  • 「言っていることの”つじつま”が合わない部分がある」
  • 「手術しても再発する人も多い」

などだ。

まずは、毎回お決まりのように出される薬だ

自分も病院に勤めていて感じるのだが
かなり「効果のあいまいな薬」を処方されることも多い

また、医師が「効果がない」と分かっていて処方する場合もある

基本、「症状とくすり」はパズルのようなもので
患者さんが訴える症状(痛い、熱がある等)に対して
「これなら効くだろう」と当てはめて薬をチョイスして出している

一方で、
患者からの”あいまい”な訴えもある
「重いカンジがする」「なんか違和感が。。」
というようなハッキリしない場合だ

この時に出される薬は、医師も「たぶん」という感覚で出している
「このあたりが効くかもなー」ぐらいの感覚だ

結構、てきとーなのだ

で、
実際飲んで、患者のカラダで試してみて
「ラクになった」
「変わらない」
「逆にひどくなった」
というさまざまな結果から、またクスリを変えたりするなどして対応している

つまり、
今回出された痔の薬も、人によっては効かないということがありうる

人間のカラダはそんなに単純なものではなく
「1+1=2」とならないケースがかなりあるもの

たとえば、ある治療が「Aさん」には効いた
では、まったく同じ症状の「Bさん」に同じ治療が効くかといえば
決してそんなことはない

人間のカラダは機械ではないのだから
そんなに単純なものではない

痔の状態だって十人十色

わたしのいぼ痔にこの薬が効いているという保証は「ない」

効かない薬だったら、わざわざお金を出して使う理由はないはずだ

そこをハッキリさせるために
今日を限りに出された薬をキッパリやめた

これで悪化するなら「薬は効いていた」ということ
逆に、良くなっていたら「薬は必要なかった」ということだ

⇒ 目次へもどる

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ