2回目の病院 | ”ただれ”が無くなってきた!

  • LINEで送る

前回の診察の時に「2週間後にまた来て」と言われたので
それまでの2週間、ポステリザン軟膏を朝晩使い
お風呂も毎日入るようにした

診察室に入ると
「●●さん、どーぉ?」と聞かれたので

「いただいた冊子を参考に生活の改善はしたんですが ^▽^; ヘヘヘ」

と、言うやいなや、サラっと
「生活の改善してもそんなに変わんないでしょ」と。

(そんな吐き捨てるようなあきらめてるような言い方しなくてもいいのになー)

「じゃ横になって」

あいかわらず、カーテンの向こうで下半身スッポンポンになり、横になって
それからタオルをホロっとかけられるので、
「わが息子」は看護師らしき女性に丸見えでごじゃる

”ただれ”が良くなってきた

グっと肛門鏡が入ってきて、中の様子が映し出される

「ハイ、足元のモニター見て」

画面いっぱいにイボが映し出される
(あれ?なんか今日は黄土色のものが見える・・って、これウ●チか!)

ついに、我がウ●チくんも、医者や看護師に丸見えとなってしまった

「お?イイねー。”ただれ”が無くなってきてるよ」

「そ、そうですかー」(ホっ)

「ハイ、じゃ、着替えて」

先生と対座

「状態良くなってきてるから、薬もうひとつ出すから
次は1か月後でいいよ。
これなら自転車も乗って大丈夫」

う、うそー!! ヤッター

テンションが上がる。素直にうれしい

「タカベンス錠」という飲み薬が追加になっていた
調べると、タカベンスとは

  • 出血、はれ、痛み、かゆみをおさえる
  • 十分な効果が得られない場合は、坐薬・軟膏と併用することもある

という薬らしい

飲み薬(タカベンス)と、軟膏(ポステリザン)の併用で行くということだ
これは効きそうだなー フフフ(効かなかった)

ただれが良くなってきた理由

ただれが良くなったのは薬が効いたわけじゃないと思う
単純に「お風呂に毎日入るようにした」からだろう

以前も書いたが
わたしは、頭は毎日洗うし下着も取り替えるが
週に2~3回しか風呂にはいらなかった

結果、肛門のまわりが赤くヒリヒリ感じることも
「まれに」あった

毎日入浴することで、きちんとアソコも洗うから
当然、清潔になり、自分の皮ふの自然治癒力も発揮され
ヒリヒリもなくなっていたのだ

「2週間でこれなら、思ったより早く完治するかなー ルン♪」
なんて考えてた

しかし、そう甘くはなかったのだ

まさか、2か月後にいきなり「手術。切った方がいい」と言われるとはねー

今日の金額は?

病院

再診料

処方せん料

肛門鏡、キシロカインゼリー
———————-
計 ¥1,030

薬局

強力ポステリザン軟膏(1か月分)

タカベンス錠 25mg(1か月分)
———————-
計 ¥1,690

上記2つの合計 ¥ 2,720

⇒目次へもどる

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ