病院で処方された薬ポステリザンの効果は?パンツが茶色く汚れて困った

  • LINEで送る

直腸鏡で、あそこの穴にカメラを入れられた事なんて初めてだし、
鍾乳洞のような自分の直腸を映像で見て
赤く腫れ上がった”ただれた”イボくんとご対面したのも初めてだったが、

痔のクスリをおしりに注入するのもはじめてだ

「ボラギノール」のCMとか見てて
「いや~大変そうだねぇ これにだけはお世話になりたくないわw」と、
他人事のように笑っていたのはいつの日か。。。。

「とりあえず薬出します」はいい加減のウラ返し

「とりあえず2週間くすり出すけど、これでダメなら手術だから」
と言われて出されたくすり

医者が「とりあえず」といって出す薬は
「とりあえず」の言葉通り
「効くかどうかわからないから、とりあえず使ってみて」という意味合いが大きい

つまり薬のテスト。人体実験なのだ

当然、「効かない」時もあるし「副作用」が出るときもある

医師自身も、効くか効かないかわからないで出すことも多いのだ

とはいえ、しかたない。。。。試すしかないのだ

強力ポステリザン軟膏

自宅に帰ってポステリザンをまじまじと見ると
なにやら「歯磨き粉」のチューブのミニチュア版のような、かわいい形をしている

先がストローのように長細くなっており、
本体を 押すと、そこから薬がビュビュビュ~っと押し出されて
アソコの内部に入っていく仕組み

効能を抜粋して書いておく

  • 炎症、出血、痛み、腫れ、かゆみを改善
  • 血行を良くして傷ついた組織を修復
  • 目には使用しないでください(いくらなんでも目に使う人はいないと思うよ。それを言うなら「目に入らないように」でしょ)
    ↑↑と思ったら、どうも「目じりに塗るとしわが防げるらしい」という女性が飛びつきそうな説が。。。
    ほんとかいな

頭についてる「強力」という文字(ステロイドが入っているため)に期待感は高まるが
ちょっとネットで調べてみると・・・・

  • 「容器のノズル部分のみ挿入し『容器全体を』肛門内に入れないようにしてください」
    (イヤイヤw 容器全体を突っ込む人がいるのかねー)
  • 「副作用として、そう痒感(かゆい)、便意、適用部位不快感など・・・」
  • 「ステロイドが入っているせいかよく効く」

気になったのは以下の話

  • 本当に効果があるかどうかは疑問。ドイツではほとんど使われていない
  • ある医学的な書類によると「効果はプラセボ(薬として効く成分は入っていないという事)とほとんど同じ」だという

これは、自分の体で試して裏付けを取ったので
これも後程、書いていきたい

実際にポステリザンを使ってみた評価・レビュー

使ってみた感想を書いておく

  • 「少し指にとってイボ部分に塗ってから入れて」と言われたが
    さすがに素手は抵抗があり市販のラテックスグローブ(要は使い捨てゴム手袋)が必要になった
  • わたしは便秘症ではないので「排便をスムーズにする」という効果は感じなかった
  • 肌が弱いわたしは見事にかぶれた。おしりのお肉部分まで真っ赤っ赤!かゆいかゆい!(これには本当にまいった!汗 あとで書いていく)
  • 肛門から少しずつもれてくるので(そのため肛門周囲にも効くというが)おしりの割れ目が常にヌルヌルして気持ち悪い
  • 入れた後、しばらくはオナラ厳禁(軟膏が液状になってパンツを汚す)
  • 上記の理由からパンツのおしり部分が常に濡れて汚れる(仕事で白衣(白のズボン)を着るので、おしり部分が茶色くなっていないか気を使う)

最後に記載した、「おしりが茶色く濡れる」事については
家内の生理用ナプキンをあてたり、ガーゼを割れ目に挟んだりして対策したが
とにかく苦労した

⇒目次へもどる

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ