痔主になって分かった生活の注意点 | ビール・風呂・タバコ・トイレ

  • LINEで送る

だれも「痔」にはなりたくない。
僕もそうだった。
しかし、なってしまった。今や、立派な痔主である

そうならないために、普段、どういうことに気をつければいいのか?

痔になってしまったからこそ分かる「あ~ アレがまずかったんだよな~」というポイントを4つ解説したい

ビール・ワイン・酒・ウィスキー好きは注意

とにかくビールが好きだった。

仕事をしていても、夕方になるとビールが頭にチラチラしてきて「夕飯(晩酌)が楽しみだったなぁ~ フフフ」

アルコールは痔の原因になるの?

痔の原因として「おしりのうっ血」「下痢」がある

ビール・ワイン・日本酒・ウィスキーなどのアルコールは血行を良くするので一見、良いように思うが、これは逆で、「患部の腫れ」を招き、粘膜がふくれ上がってしまう。

血管が拡張して血行が良くなるのは”一時的”なもの。
だいたい3~4時間すると、逆に血管をけいれんさせ肛門まわりの毛細血管も縮まってしまうので痔の原因となる「うっ血」を起こしやすくなる。

さらに、アルコールは肝臓にも負担をかけるので、門脈系に血が滞り肛門部もうっ血しやすくなってしまう。

また、飲み過ぎると「下痢」を起こす人がいる(わたしがコレだった)

下痢・便秘などの「排便異常」は、痔の原因の王様だ。
危険度「大」である。

下痢は、便秘より肛門に負担がかからなから良いように思うが、これは大間違い!!
勢い良く肛門を出て行く下痢は肛門にかなりの負担をかけている

もはや「肛門のいじめ」である

下痢は、痔ろう(肛門からおしりのお肉に膿のトンネルが出来てしまう)の原因ナンバー1であり、もちろん、いぼ痔にも悪影響を及ぼす。

危険!「お酒を飲むと便通がいい」の間違い

僕もそうだったが、毎晩アルコール・お酒を飲むと便通が良く(飲み過ぎは下痢するが)便秘しないので良い♪と、思っている人が多いけど、これも危険度「大」!

便がやわらかくなるのは「水分を多く摂っているから」ではなく、
「膵臓」がアルコールで刺激されて大量の膵液(消化液)が出るからだ。

こんなことを毎日続けて膵臓に負担をかけ続けると、やがて「膵炎」になってしまう。

それが証拠に「急性膵炎」の原因の第1位はアルコールだ。

食後やアルコールを飲んだ後に、みぞおち~左のわき腹が痛むなら要注意。その他の症状は、食欲が落ちる、吐き気、下痢、発熱など。

絶飲絶食で治療をしないといけないので、そうなる前に注意しておきたい。

風呂

「風呂(湯船)には入らないで毎日シャワーのみ」という人が増えている。

僕もこのパターンであった。

湯船にゆっくり入っておしりを温めると、肛門部のうっ血が取れて血行が良くなる。

「15分」はお湯につかりたい(肩まで入ると”のぼせる”事があるので”みぞおち”辺りまででもOK)

シャワーは「清潔」には出来ても「温める」ことはできない

「血行を良くしておくこと」はとても大切なことだ。

タバコ

煙草の有害成分のなかでもやっかいなものがニコチンだ。

「ニコチン」は、血管を収縮させる。
当然、「おしり周辺」も血行が悪くなり痔へ悪影響を及ぼす。

「タバコも辞めてアルコールも辞めたら、オメェーなんの楽しみもねーよ!!」という人も多いと思うが、

僕はタバコを10年前にやめて、お酒も月に2、3回しか飲まなくなった。

特に「お酒」は「痔に良くない」と知ってやめた。

だから、あなたにも絶対に出来るはず
あきらめないで、頑張って欲しい^ ^

トイレ

トイレが長い人も最近増えている。

僕もそのうちの一人だった。

中で何をやっているのか?

僕の場合、

  • 本を読む
  • 携帯、スマホをいじる
  • 排便の際「全部出しきるまでふんばる」便が残っている感じが許せない

こなところだろうか。

いずれにしても、便座に長時間座っているのは痔に良くない。肛門部に負荷がかかり続けるからだ。

一番、最悪なのは「前かがみになってのふんばり」
これが、肛門に一番負荷がかかる。

おしっこを便座に座って済ます男子も最近多いが、これも避けた方がよろしい。
やはり男らしく(?)立ってするべきである。

まとめ

以上、
代表的な4つを自分を例にして紹介したが、もちろんこれが「すべて」ではない。

痔は生活習慣病とも言われるくらい日常生活と密接な関係がある。

今から気を付けていれば「痔に悩むことのない快適な生活」が送れるはずである。

⇒ 目次へもどる

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ